小3料理長のレストランプロジェクト

「将来の夢は料理人」

そんな小3の生徒が料理長となり、教室でレストランを開いてくれました!

小1の生徒もスタッフとして参加し、料理長の家族みんなを招待しました。

当日は、ウェルカムムービーから始まり、オムライスやハンバーグや餃子などの料理をふるまったあと、料理長の挨拶までしっかりと行ってくれました。

開店当日の準備風景の動画はこちらをご覧ください

ゼロからのレストラン

このレストランに向けて、2人は3ヶ月前から準備をしてきました。

何を作るか調べて計画したり、メニュー表を作ったり、お店の内装を決めたり、料理の練習をしたり…

料理は、レシピやおいしく作るコツ調べたり、材料を揃えるところからやってきてくれました。

まだ読めない漢字も多いので、スタッフに読み上げてもらったりもしながら、自分たちで1つずつ考えて決めてくれていました。

「おいしく…楽しんでほしい」

レストランの開催日が近づいたある日、料理長に「このレストランで、家族の人にどうなってほしい?」と尋ねてみました。

「おいしく楽しんでほしい」という答えが返ってきました。

美味しい料理が作れるように練習してきたけれど、楽しんでもらうにはどうしたらいいかなあ?というところから、ウェルカムムービーを見てもらうことになりました。

オリジナルの看板キャラクターに喋らせる形で、レストランの説明をする動画を作ってくれました。

「ナンデヤでこんなに走ったん初めてかもしれん」

そうして迎えたレストラン当日。

2人は仕込みのため、開店の5時間前に教室にやってきてくれました。

まずはお店の内装をセッティング。

カラフルな毛糸や料理長の手作りランタン、スタッフ作のメニュー表などで、教室を飾りつけました。

そのあと、材料の買い出しです。

買うものを決めていたのですが、慎重に選んだためか思ったより時間がかかり、買い物が終わって気づけば開店まであと2時間…!

さて、間に合うのでしょうか?

「間に合った〜!」

開店30分前に、なんと買い忘れが発覚!

大急ぎで料理長が買いに走ってくれました。(スタッフも同行しました。)

料理長は時間ギリギリまで、いろいろなところを確認して回ってくれました。

そして迎えた開店時間。

無事予定していたすべての準備が完了し、来てくれた家族のみんなに「いらっしゃいませ」と挨拶することができました。

「弟がおいしいって言ってくれてる!」

料理を提供している間も、注文されたドリンクを入れたり、料理長&スタッフの仕事をしっかりとしてくれていました。

「何回もおいしいって言ってくれてる」

家族からの反応に、とびきり嬉しそうな料理長なのでした。

「教室のみんなに笑ってほしい」

大成功のレストランプロジェクトでしたが、実は彼にとってはこれが初プロジェクトでした。

自分の好きな料理で人に喜んでもらえる経験をしたことで、次の目標ができたようです。

「オリジナルソースを作りたい」「教室のみんなに笑ってほしい」

そんな思いから、次は教室に通う生徒たち向けに

「オリジナルソースでお菓子ディップパーティー」を開催してくれることになりました。

輪が広がっていく様子を見て、私たちスタッフもなんだか自然と笑顔になっているのでした。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました